為になるブログを目指します - 2009/07

日常での役立ち情報や健康情報など、様々なジャンルのちょっとした役立ち情報を紹介しています。




[PR]



2009年07月26日(Sun)▲ページの先頭へ
足痩せはきっと叶います。
夏ともなれば、「ミニスカートを穿きたい」「ショートパンツでお出かけしたい」と考えるのは当然のことです。
しかし足へのコンプレックスから、いつも想像だけで終わっていませんか。
そんな足へのお悩みをお持ちの方への励ましです。

足のコンプレックスといっても様々です。
O脚、X脚、足太り、ガリガリの骨ばった足、いつも浮腫んだ足など、人によって足の悩みは違います。
その中でも足痩せでお悩みの方に最も多いのが、浮腫んだ足と脂肪のついた太い足です。

浮腫んだ足の方の多くは、立ったままや一日中座って仕事をされる方に多く、足を動かさずに同じ姿勢でいるため、足の血液循環が低下する事により、リンパ液の循環機能も低下して、足に水分や老廃物が溜まるのが原因といわれています。
大抵は一晩ぐっすりと眠って疲れを取れば、むくみの取れた元の足の状態に戻るのですが、慢性化してくるとむくみが取れにくくなり、常に太く浮腫んだ足の状態が続きます。
むくみ対策としては同じ姿勢を長時間続けないで、時折歩く事や屈伸などを行い、血液やリンパの滞りを改善してやるようにしましょう。
また、自宅に帰ってからもお風呂で温めてマッサージをするなど、足へのケアを施す事により、足のむくみを改善できます。
最近では足の発汗と血流促進を促すクリームなどもあり、忙しい方には良いかもしれませんね。

下半身太りにより足が太い方の場合、むくみのように直ぐには改善は難しいかもしれません。
しかし決っして足痩せが無理ということではありません。
この場合の足痩せには、ホルモンバランスを整えることや、適度な運動が必要となってきます。
最も手頃な運動はウォーキングですが、なかなか忙しく時間の取れない方は通勤・通学での徒歩区間を長めに取る事をお薦めします。
一駅手前でバスを下りて歩く事で、時間も節約できて十分な運動量も確保出来ます。
ホルモンバランスも規則正しい生活や栄養バランスに心がける事により、かなりの改善が行なえますし、併せてマッサージやストレッチを組み合うせることが良いでしょう。

その他にも足痩せにエステサロンを利用する方法もありますが、費用や時間に難があります。
ネット上でもいろいろと足痩せ法が紹介されていますので、まずはそれらを試してみるのも良いのでしょうか。
足痩せは諦めなければきっと叶います。

参考サイト:足痩せ、足やせ、脚痩せ@info


2009年07月25日(Sat)▲ページの先頭へ
がん保険への加入を考えよう
日本人の死亡原因ではがんがトップとなっています。
これはがんを発症させる人が増えたというわけではなく、それまで死亡原因の上位だった脳の病気や心臓の病気などが、医学の飛躍的な進歩により、生存率が高まった事により、ガンが上位に上がったきたのです。

しかし、やはりがんと診断されれば、どんな場合でも不安にならない人はいないと思いますし、家族を含めてがんへの不安の日々にさらされます。
しかもがんの治療には精神的、肉体的な負担はもちろん、何と言っても経済的な負担が大きくのしかかってきます。
当然、これまでの家族の生活が一変するのは止むを得ないとは思いますが、少しでも罹る負担は軽減したいものです。

がん保険はまだがんが発病していなくても、早い時期から加入しておけば、掛け金は安く済みますので、将来の「もしも」に備えて是非とも検討をしておく必要があります。
特に、実際にがんと診断されれば、がん治療のための様々な費用が保障されますし、最近の保険ではがん患者や家族へのカウンセリングを行なうものや、がんの部位による専門クリニックの紹介など、がん患者やその家族が少しでも負担の軽減が図れるように配慮されているがん保険もあります。

がん保険に加入する事は、決して早すぎるという事は有りませんので、まだがん保険への加入をしていない方がいらっしゃれば、真剣に将来のことを考えることをお薦めします。
がん保険についていろいろと紹介しているサイトもありますので、ネットでいろいろと調べて、口コミ情報などを参考にするのもよいでしょう。
参考サイト:ガンとがん保険



2009年07月24日(Fri)▲ページの先頭へ
薄毛を諦めないで
薄毛は本当に悩ん出しまいますね。
でも薄毛だからといって決して髪の毛が生えてこないという訳ではないようです。
むしろ、これまでいろいろと試したもムダだったと感じている方でも、方法などを変えてよい結果がでたという話を多く聞きます。

特に女性の場合は、薄毛が恥ずかしく誰にも相談できずに、結果的に対処策がわからないまま悩んでいる方も少なからずいらっしゃいます。
男性でも市販の育毛剤を試したが、ぜんぜん効果がなかった人や、ただひたすらな育毛ブラシで頭皮を刺激し続けて、かえって髪の毛が少なくなった方など、薄毛で悩む方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

まず薄毛で悩んでいる方は、日常生活を振り返って見ましょう。
・食生活は栄養バランス。
・酒・タバコは欠かさない。
・不規則な生活。
・シャンプーなどが合わない。
などなど、普段の生活を見直す必要はありませんか。
薄げにはこのように日常生活の中に原因となる要素も多くあり、単に育毛剤を使えば髪の毛が生えてくるというものでもありません。
当然、育毛剤が必要なら使用はしますが、その前に薄毛の原因となる点を取り除き、その上で髪の専門家に相談して、自分に合った育毛剤などを使います。
最近では薄毛やバゲの専門クリニックもあるようですので、ケースによっては専門医の指導を受けるなども考えてはいかがでしょうか。

また、薄毛対策の方法を紹介したものも多く販売されています。
書籍はモチロン情報商材にも優秀なものも少なくなく、費用と効果などの口コミ情報など、様々な体験情報もネット上に公開されていますので、いろいろと探して参考にするのもよいでしょう。
いづれにしても、薄毛を早くから諦めないで、発毛を目指して頑張ってくださいね。
参考サイト:薄毛対策ドットコム


   


tametameの自由文言1


tametameの自由文言2

カレンダ
2009年7月
     
 

アーカイブ
2009年 (5)
7月 (3)
10月 (1)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:2
累計:12,390